ナレーションのボイトレってどんなことをするの?

ナレーション・声優さんのボイストレーニング。

こんばんは。ムラーラミュージックオフィス 代表講師 宮島知穂です。

今日は、自分でも最近「奥が深いな~」と思う

「ナレーターの方のレッスン」についてご紹介したいと思います。

ナレーションとは?そもそも何?

「ナレーション」とは、例えばCMでもドキュメンタリーでも

映像が「人」でない状態だったり物語の合間合間や注釈を声で表現する人

(若干違っていたらごめんなさい・・・)のことです。

「声優」さんであることは変わりありませんが、いわゆる皆さんが「声優」さんであると、呼んでいらっしゃる方のほとんどは
「自分ではない代3者の役を演じる人」
と、とらえて頂けたら良いと思います。

実際、もちろん全員の方ではありませんが

声優さんでも、「ナレーションは苦手・・・」

という方が少なくない現状です。

ズバリ、どんなところが違うの?

私は、2010年に東京に出てきて勤めていたボイストレーニングスクールさんがたまたま「声優事務所」の近くだったこともあり、ラッキーなことに生徒さん第一号第二号ともにある程度キャリアのある声優さんだったのです。

「声優さんのレッスンはやったことがないので、できないと思います。」

と思ったのは、2010年の春の私ですが、

うちの講師の皆さんにも同じことをやはり言われます。

「厳密に言えば、歌のレッスンと声優さんへの声のアプローチは基本変わりません。」

「これは営業マンの方も歌の方も変わりません。」

あくまで、「声」というカテゴリーを見たときには・・・の話ですが。。。

しいて言うなら「営業マンさんのボイトレ」と「ナレーター」ボイトレは同じカテゴリです。

一番初めにお話ししたように、「声優さんは第三者の誰かになる」というものでありますが

「ナレーション」はその人そのもので原稿を読みます。

ナレーションのほうが、言葉一つ一つの意味合いをより厳しく見る。

声優さんのほうは、「キャラクター」としての演技の意味合いを見られる。

ナレーターの方のレッスンでは、文章全体の流れをよく見る。

ナレーターの方のほうが、「その人」の感情をより文章ツールを使って表現しなくてはならない。

音の上げ、下げ、間の取り方、テンポの感覚、語尾の処理、文頭のアクセントの強さ、当然アクセント(発音)、強調する言語、文章で一番伝えたいことの解釈

など、本当に事細かいのです。

ナレーターは日常の中の非日常を徹底していきたい。

ナレーターさんの読みを確認する時には、

「日常の中の非日常であるかどうか」を常に意識して聞いています。

その生徒さんのキャラが立っているか、

「読みが、作文になっていないかどうか」

「読みが説明文になっていないかどうか」

これを事細かに見ていくと、ものすごい神経質になります。

しかし、ディレクターさんや事務所の社長さん、事務所のマネージャーさん、

クライエントさん、

好みが違うんですよね・・・。
実際これが一番の難題で・・・・・・・・・・・・

https://ohanashi.speechvo.com/student-impressions/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加