滑舌トレーニング(滑舌長文トレーニング)

滑舌トレーニング(長文のためのトレーニング) 長文のためのトレーニング(滑舌トレーニング)。 長文を読むときには、句読点の位置を気にしながら読む、というのは最低限なのですが句読点のある場所で必ず「止めなくてはならない」という事もなく、むしろ文章の前後の問題ではそのまま流して読んだ方が自然である、ということもあり舞台やお芝居の場合は特にそのころ合いを「テクニック」としてとらえられることも多くあります。 「読みとちり」や「つまり」はもちろん初見の読みの時に起こりやすいので初見読みをした時に特にその様な句読点の位置の把握は絶対であります。また、読みとチリのメカニズムとしては、認識不足と初見力よりも滑舌不足が大きな原因になることも多く、滑舌のつまりは最低限無いようにしなくてはなりません。 ナレーションのレクチャーをアップいたしました。 これからナレーターになる方のためのレクチャー講座実際は、やはり対面の1対1のレッスンありきの内容となっておりますので、細かなニュアンスが伝わらないかとは思いますが、こうやって時々ナレーターになりたい方のためのレクチャーを掲載していきたいと思います...ナレーションレクチャー講座VOL1...
2017-11-190 DownloadsDownload