母娘問題電話カウンセリングスタート

母娘問題カウンセリング埼玉県(電話カウンセリング)

こんにちは。

コミュニケーションコーチングのサイトを運営しております みやじまです。

最近、お問い合わせをまたいただくようになりました。

私は本業がボイストレーナーおよびボイストレーニングスクール運営なので、

なかなか時間が取れないのですが

沢山の方のご要望をいただき、この度電話カウンセリングを実施する事に致しました。

対面の場合は 東京池袋周辺と埼玉県は新座~朝霞周辺

交通費を別途いただければ30分県内は移動可能ですが

カウンセリングの場合、余計な雑音などがあると、悪影響を及ぼす場合がございますので

静かな環境で行わせていただきたいと思っています。

埼玉のカウンセリングルームは日当たりが良く、場合によっては全く音が聞こえない漏れない防音の部屋(窓はありません)もご用意できます。

母娘カウンセリングの主な内容

電話カウンセリングの場合はいっぺんにできないので、お嬢様のカウンセリングのあと、お母さまのカウンセリングを行います。

それを最低2ターン繰り返してそのあとはご希望のある場合個別対応となります。

対面の場合は、まずお嬢様に入室いただき、続いてお母さまと入れ替えます。

最終的にお二人と入室いただきます。

所要時間はおひとりずつ30分を2人、最後にお二人一緒で30分で計1時間30分が目やすです。(多少前後する場合があります)。

料金

電話カウンセリング 1H5000円(事前振込)30分2500円

対面カウンセリング 1H6000円(30分圏内は出張可能)

出張費用別途

主な成果

https://ohanashi.speechvo.com/coaching/oyakokaunseringu/

こちらをご覧ください。

こちらに過去に行ったお子さんとお嬢さんのケースを挙げておきました。

実は「母娘」問題は一種の社会問題という懸念があります。

その理由は、

実は介護の問題に「その問題が大きく絡んでいる」という事がわかって来たのです。

☑両親の事情で離婚し、父方に引き取られた娘。新しい母と父の子になり平和に暮らした。後に結婚して、年齢を経て親を介護する年になったときに、急に生みの母親から
「自分の面倒を見るのが当然である」という連絡が来て以来、頻繁に連絡が来るようになり、苦しめられている。

☑一人っ子の娘。親の介護の年齢になったときにそれまでの自分自身の行動を省みて、「自分への責め」を負ってしまった。
一人娘なのに若いころからの母からの重責に耐えられず、夫とともに離れた場所での生活を切願した。
その間に母の容体が悪くなり、母が悪くなったのは自分のせいだ

と責めるようになってしまった。

今の2例は異なるようで全く同じ問題。

一番の原因は、「母親」が「娘とはこうあるべき」である。

という概念を娘さんの幼少期より、持っており感情、その他行動を自分の制限内に収めようとしてしまう場合、また自分もそうされてきたのだから当然

あるいは逆に

自分はがんじがらめにされてきたので、放任したい。解放されたい。という場合。しかしながらだいたいの場合は
「自分は自由でいたいが、娘には自分の思うとおりでいてほしい」という欲求がそこに見えてしまう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加