滑舌トレーニング(滑舌長文トレーニング)

滑舌トレーニング(長文のためのトレーニング) 長文のためのトレーニング(滑舌トレーニング)。 長文を読むときには、句読点の位置を気にしながら読む、というのは最低限なのですが句読点のある場所で必ず「止めなくてはならない」という事もなく、むしろ文章の前後の問題ではそのまま流して読んだ方が自然である、ということもあり舞台やお芝居の場合は特にそのころ合いを「テクニック」としてとらえられることも多くあります。 「読みとちり」や「つまり」はもちろん初見の読みの時に起こりやすいので初見読みをした時に特にその様な句読点の位置の把握は絶対であります。また、読みとチリのメカニズムとしては、認識不足と初見力よりも滑舌不足が大きな原因になることも多く、滑舌のつまりは最低限無いようにしなくてはなりません。 滑舌のつまりが無いようにするための子音と母音の認知 子音と母音の認知が弱いと、当然滑舌つまりを起こしやすくなります。例えば子音と母音の認知が大切なのですが、まずそこで「自分が苦手な音列は何か?」という事を気にすることが大切です。 詰まりやすい子音は下記のものが多いのです。 1Rの音がDの音と混同しやすい 2Nの音のときに口内ノイズが出る。NとRが混同する。 3Mの音の時に唇の上下運動がしづらくなってしまう。 4Kの音のおさまりが悪い。 これらのような症状はよく見られます。 滑舌練習をしてみましょう。 上記のような症状はよく見られます。その時その方にあったトレーニングを常に提案をしておりますが、長文のための短いトレーニングを提案しております。 「カムチャッカ半島の無化着火ファイアーのカムチャッカ語」 「かくかくしかじかしかくいムーブは昨今のコンパクトカーですが新機能搭載中です」 「ラニラダラニラダ ラダラ二ラダラ二 」×10回 「椎名しっぺいの双子の姉妹が朝木新聞の記者の質問に対して知らないを繰り返しています」 「ならなりならなりのろのらのろのら」 NやRやSやDなどがすべて一緒になっているトレーニングとなります。 マイクに向かって滑舌をしていくと普段やっている言葉のとおりでも口内ノイズが入ったり舌が回りにくくなったりすることに気づいたりします。 中にはタ行の滑舌が苦手な方も多いのです。どの言葉でも滑舌がうまくできない方の特徴としては全体的に「舌が硬い」事ですのでほぐす必要のあるかたが多いです。 また、普段言葉を発さず口を使っていないときには舌をスポットに当てて休ませておくことが大切です。その時には必ず鼻呼吸を行います。浅い所ではなくて、背中側を意識した深い呼吸を行っていきます。 滑舌トレーニングで有名なムラーラミュージックオフィス ムラーラミュージックオフィスは他所のボイストレーニング教室さんとは違い、ボーカルのトレーニングよりも、「ナレーター」さんや「声優さん」により特化したスクールと変わってきました。 勿論ボーカルの方にもかなり有効なトレーニング法にはなります。 当校は、生徒さんの初見を見る時にもかなりこだわった見方で生徒さんの姿勢から発声から様々な角度から見るようにしています。 代表の特別ボイストレーニングも人気 代表宮島知穂は民間の心理カウンセラーの資格を取得し、基本的にはセッションではなく、ボイストレーニングにそのエッセンスを練り込んであくまでボイストレーニングをメインとして生徒さんと触れ合っています。 代表のボイストレーニングレッスンは現在特別枠となっております。 金額はこちらよりご確認ください。                     https://youtu.be/olSi1NZNKgQ https://youtu.be/v1QRGCqLRzA その他の長文滑舌トレーニングのページ ◆言葉以外のための滑舌トレーニング ◆ナレーション原稿の作り方 代表宮島のご紹介ページはこちらから http://ohanashi.speechvo.com/daihyoushoukai/ 声帯結節の方のためのボイストレーニング くわしくはこちら Part2 リンク内をクリックしてください。この記事の中にそれぞれ動画を挿入しております。 変わり種の動画もアップいたしました。 最近私のレッスンではまっているのが原稿にあったBGMを設定するというもの。 この動画は一発撮りで思いついたBGMをその場で挿入しているため、原稿も弾きながら読んでおり、滑っております。(笑) なのであくまで本当にさわりの参考程度なのですが、聴覚的にイメージする。 ということは本当に有効なトレーニングです。また生徒さんがBGMを選定する上での重要参考にもなれます。先生には難易度の高いトレーニングですが。 https://youtu.be/yhEpdyr7dXA 声帯結節のトレーニング(声帯結節・声帯萎縮) 声優やナレーターの方で声帯結節を訴える方は少なくはありません。声帯萎縮は加齢によるものが多いですが、声帯結節はむしろ「声帯を酷使する、声のプロの方に多い」とされています。 下記の動画は「声帯萎縮」の方の者ですが、低音域~中音域にかけて、もともと完全にかすれてしまった状態の声でしかなかった方ですが、トレーニングによってだいぶスムーズに移行できるようになりました。 ■2年前の動画です。 https://www.youtube.com/watch?v=eBtKqA1kUbY 現在の状況です。 https://www.youtube.com/watch?v=v3gE9X0l1kE ...
2017-11-190 DownloadsDownload