恋愛カウンセリングのススメ

恋愛関係をタイプ別にみる。

恋愛関係と親子の関係とは、表面上で見ると全く無関係だと思う方がほとんどだと思いますが。ここを通らずして恋愛は語れないという所が正直なところです。

さて、あなたはどのタイプ?今回は対象が女性、タイプA~Dは男性となっています。

※すべての人が当てはまるわけではなく、ごく一部の分類です。

自分が好きになるタイプはどのタイプ?(当社比較)

タイプA(典型的なダメ男)

  • 浮気性。我慢が出来ない。自由がほしい。
  • 束縛を嫌うけど相手は想いどおりにしたい。
  • ギャンブル、ギャンブルによる借金など。
  • 定職に就こうとしない。いつまでもフリーの立場を選ぶ。
  • お金にだらしがなく、出来ることならヒモでいたい。

タイプB(ずる賢いダメ男)

  • 一見すると優しいように感じる。
  • 連絡がルーズ。自分からはあまりしない。(面倒になると連絡をしない)
  • くだらない嘘をつく(見栄を張る)
  • 基本的に嘘でもよいから相手の気を引こうとする(ホスト気質)
  • 面倒になるとすべて相手のせいにする(しようとする)
  • いっちょ前にいう事は言う。

ダメ男パターン以外にも、オンリーワンタイプなど。

タイプC(目的遂行型)

  • 典型的なエリ―トタイプ
  • 実際に仕事もできるがプライベートでも常に1番を目指す。
  • 相手に相応のステータスを求める。
  • 自分と同レベルの考え方が出来る女性以外はあまり興味がない。
  • ステータスにこだわりすぎて「配偶者、子供を持つ」というステータスにのみ興味を示す。
  • 基本的に結婚前提の相手以外は遊び。

タイプD(マザコン型)

  • 元々恋愛自体にあまり興味がない。
  • 過去にモテた経験がないので、異性に対して若干臆病な面がある。
  • 恋愛というより人とコミュニケーションをするのがあまり得意ではないし、女性を「ほめる」なんてそんな高等な技術はもともと持っていない。
  • 結婚したら一人の奥さんを大事にするが、基本的に「お母さん的な人を」を求めている傾向があるため一気に軸がなくなり空いて本位になりやすい。
  • どちらかというと支配系の女性に好かれる。
  • ほめられたい。ほめられて伸びる。

「その恋愛を選ぶ理由。」~タイプ別

タイプAを選ぶ女性

典型的なお母さんタイプ。恋愛の経験もある程度豊富だが、気づくと常に同じようなタイプと付き合っていることが圧倒的に多い。

「もう嫌だ」と言っても又同じような男性を好きになる。

この人に私必要とされているという「隠れた自尊心欠落タイプ」

タイプBを選ぶ女性

「ないだろう」と思っていても、言われたことに素直に反応してしまう素直さを持ち合わせた人。「君が悪い」と言われ続けていると、「本当にそうなのかな?」という様に実は不安になっている。

いも強いが、思慮深い。

自分にだけは本音でぶつかってくれているのだと「自尊心を相手で埋めようとするタイプ」

その相手を選ぶ理由

タイプCを選ぶ女性

このタイプの男性は絶対的にDVになる可能性が高い。

男性の真意をついたところを見ているため、相手の自信が初めから虚栄であることは深層的に見抜いている。後半は「かわいそう」という気持ちでいっぱいになる。

基本的には、従順で責任感が強く、自分への責任転嫁が著しい女性が選ぶ。

自分だけが我慢すれば良いという  「自我を完全にセーブし演技できるタイプ」

タイプDを選ぶ女性

結婚を意識し出した頃に、こういう人を選ぼうとシフトチェンジする女性が多数。

いわゆる「恋愛と結婚は違う」という所に納得が出来るとこのような男性に目が向くようになる。

「恋に恋する女性」。本質的に目の前の相手よりも自分の生きがい優先の女性が選ぶ。

どちらかというと自分がコントロールできる立場でいたい「自分ペース主義の女性が選ぶタイプ」

さて、いかがでしょうか?ご自分のタイプを調べてみてください。

※基本的に「ポジティブな表現は使用していません」があくまで参考としてご覧ください。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加